操作方法は、(2a)と同様です。
IGBTの品名を選択する時に、品名の先頭がCMで始まる事、CMの後の数値が200以上で、-の次の数値が24と表記されている事に注意します。
また、損失計算は、100KVAを対象としていますので、Vcc=600Vの時は、Io=157.1Armsとなります。

計算結果の一部を左記に示します。
キャリア周波数=20kHzで動作させる場合は、
CM200DC-24NFK
CM200DY-24A
CM225DX-24S1
CM300DY-24T
の損失が少ないようです。
電流定格の大きなIGBTは、チップのサイズが大きく、スイッチング損失が増加するので、損失を低減するという目的では、好ましくありません。

 

 

 

損失の少ない四つの
製品について、バッテリー電圧の依存性を計算すると、左図のようになりました。